Designed by:

  鳥類

 

(原文:北九州市立自然史・歴史博物館) 

 

鳥類の際立った特徴は、例外なく体が羽毛で覆われていることです。
羽毛は飛ぶことを可能にし、体温の保持に役立っています。
また、空中を飛ぶ必要から、鳥類の体は軽く、骨は空洞状になっています。
鳥類の感覚は視覚と聴覚に依存しています。
それらの感覚は、空中を高速で飛びながら生活するのに役立っています。
世界で約9,800種、日本から約540種が記録されています。 

 

アオボウシインコ

アネハヅル 

アフリカハゲコウ

イカル

イヌワシ

イワトビぺンギン

ウソ (オス)

ウミガラス(若鳥)

ウミネコ

エゾライチョウ (オス)

エゾライチョウ (メス)

オウカンエボシドリ

オウギワシ

オオヅル

オオハクチョウ(若鳥)

オオハナインコ (オス)

オオハム(冬羽)

オオフウチョウ (オス)

オオフクロウ

オオヨシゴイ (メス)

オニオオハシ

カオジロガン

カササギ

カラスバト

カラフトライチョウ

カワウ(若鳥)

カワガラス

カワラバト(ドバト)

カンムリウズラ (メス)

カンムリシャコ (メス)

カンムリヅル

カンムリワシ

キクイタダキ

キングペンギン

キンクロハジロ (オス)

クマタカ

クロツグミ (オス)

クロツグミ (メス)

クロライチョウ (オス)

クロライチョウ (メス)

コウライウグイス(成鳥)

コウライウグイス(幼鳥)

コガモ (オス)

コガモ (メス)

ゴジュウカラ

コミミズク

サギ類と思われる鳥類の足跡

ササゴイ(若鳥)

始祖鳥

シソチョウ(始祖鳥)(全身骨格)レプリカ

シマクマゲラ

シメ

ジョウビタキ (オス)

ジョウビタキ (メス)

シロエリオオハム(夏羽)

シロフクロウ

シロムネオオハシ (オス)

タゲリ(冬羽)

タシギ

ダチョウ (メス)

タンチョウ

チリーフラミンゴ

ツリスガラ (オス)

ツリスガラ (メス)

トモエガモ (オス)

ナベヅル

ノゴマ (オス)

ノスリ

ハイタカ

ハダダトキ

ハチクマ

ハヤブサ

パラヘスペロルニス・アレクシ

ヒドリガモ (オス)

ヒドリガモ (メス)

ヒメイソヒヨ (オス)

ヒメクロウミツバメ

ヒメフクロウ

フクロウ

ベンガルハゲワシ

ホシハジロ (メス)

マガモ (オス)

マガモ (メス)

マカロニペンギン

マガン

マナヅル

マミジロ (オス)

マミジロキビタキ (オス)

マミジロキビタキ (オス)

マミチャジナイ (オス)

ミサゴ

ミゾゴイ

ミソサザイ

ミツユビカモメ(若鳥)

ミヤマガラス

ムクドリ (オス)

ムネアカカンムリバト

モア(全身骨格)レプリカ

ヨシガモ (オス)

ヨシゴイ(若鳥)

リュウキュウヨシゴイ (オス)

ルリコンゴウインコ

ルリビタキ (メス)