Designed by:

ディッキンソニア

  (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

   

環形動物 Dickinsonia tenuis? Glaessner and Wade   

先カンブリア紀 アメリカ

  

 先カンブリア紀になると多細胞生物が出現します。多くは堅い体を持たない、クラゲ(円状の化石)のような腔腸動物やディッキンソニア(長楕円の化石)のような環形動物でした。化石の多くは、「印象化石」として観察されます。 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)