Designed by:

 手稲石

 

英  名:Teinelite

分  類:酸化鉱物

化学組成:Cu[TeO3]・2H2O

結晶構造:斜方晶系

 

1939年に北海道札幌市の手稲鉱山から発見された鉱物です。熱水鉱床(鉱脈)のテトラへドライトと自然テルルの二次鉱物として産し、青色の柱状結晶や皮殻状で見られます。名前は原産地である手稲鉱山に由来します。

 

展示標本は、手稲鉱山から採集されたもので、青い皮殻状の手稲石が見られます。手稲鉱山は、鉱脈から金、銀、テルル、ビスマスなど多くの金属を採掘していた鉱山です。手稲石のような珍しい鉱物を多産したことでも有名です。

 

 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

(2012.2.29更新 北九州市立自然史・歴史博物館 森)

 

 

 

(原文:北九州市立自然史・歴史博物館) 

酸化鉱物 teineite - 北海道札幌市 手稲鉱山

 青緑色をした珍しい鉱物で、銅、テルルを含みます。手稲鉱山で発見されました。