Designed by:

ジュラ紀のトンボの一種

(原本:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

 - Aeschnogomphus intermedius Hagen

中生代 ジュラ紀 ドイツ ゾルンホーフェン

 

 ドイツのゾルンホーフェンは石灰岩の産地で、リトグラフに使う石板や装飾用の石灰岩板を現在も産出しています。その過程で始祖鳥をはじめとする多くの化石が発見されてきました。本種もそのひとつで、ヤンマとサナエトンボの中間のような形態を持っています。

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)