Designed by:

 フクロウ

   (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Strix uralensis Pallas, 1771

標本番号:NSM-PO 557(実物標本)

分類:(((竜盤類(獣脚類(鳥類(フクロウ目(フクロウ科)))))

採集地:採集年:長野県南佐久郡,1982年

生息時代:現世

生息時代:白亜紀後期(約8000万年前)

分布:日本~シベリア~ヨーロッパ
 

 始祖鳥との比較のために、現生の鳥類の骨格を展示した。右側の生体復元模型は、この骨格にあわせて復元されたものである.軟組織や羽毛が付けられると、実際の動物は骨格よりもかなり大きくなる。展示室の巨大な骨格も、筋肉を復元すると、一層大きくなることを想像して欲しい。翼開長31センチ,体重約500グラム。

 

(標本:国立科学博物館 科博)