Designed by:

 トウヨウゾウ

  (原文:国立科学博物館 科博) 

 

 

 トウヨウゾウはアジア大陸が起源で日本に渡ってきたと考えられる。ステゴドン属に分類されて命名された化石ゾウは、日本にもかなりの数があったが最近では更新世中期の種類はトウヨウゾウにまとめられている。展示標本の詳しい年代は不明だが、右下あごの第三大臼歯とあごの骨の一部が残っている。この種類の中でも大型の個体である。

 

トウヨウゾウ/Stegodon orientalis Owen/第四紀、更新世中期/長鼻類/熊本県有明町赤崎沖の島原湾/協力:熊本市立博物館

 

(標本:国立科学博物館 科博)