Designed by:

 ナウマンゾウ

  (原文:国立科学博物館 科博) 

 

 

 ナウマンゾウは、日本で発見されるゾウ化石の代表的な種類で、日本中から多数の化石が知られている。東京銀座、池袋、原宿などからも立派な化石が見つかっている。池田町のある小豆島の沖の海底には、ナウマンゾウの化石を含む地層が露出しており、それが海流に洗われて化石が洗い出されているらしい。瀬戸内海が干上がっていた時代に、多くのナウマンゾウがそこに生息したのである。これまでに数千点の化石が底引き網などの漁網にかかって採集されている。展示の標本もその一つで、左下あごの第三大臼歯である。

 

ナウマンゾウ/Palaeoloxodon naumanni (Makiyama)/第四紀、更新世中期/長鼻類/香川県池田町沖の瀬戸内海

 

(標本:国立科学博物館 科博)