Designed by:

  エダフォサウルス

  (原文:国立科学博物館 科博) 

 

 

学名:Edaphosaurus sp.

分類:盤竜目、エダフォサウルス科

時代:石炭紀末期〜ペルム紀前期

分布:北アメリカ、ヨーロッパ

大きさ:全長約2.4m〜約3.2m

 背中に「帆」を持つ盤竜目のもう一つのグループがエダフォサウルス科で、植物食性と考えられている。頭が小さく、首と四肢は短く、尾が太い、などの特徴から、歩きはかなり遅かったと想像される。ディメトロドンと異なって「帆」の棘突起にはさらにこぶ状の突起が左右に突き出ており、体温調節の効率を高めていたと思われる。ディメトロドンほどではないが、種によって大きさにかなりの差があり、全長約2.4m体重約60kgから、全長約3.2m体重約180kgまでの幅がある。

 

(標本:国立科学博物館 科博)