Designed by:

 トラベルソドン

  (原文:国立科学博物館 科博) 

 

 

学名:Traversodon sp.

分類:獣弓目、キノドン亜目

時代:三畳紀中期〜後期

分布:南アメリカ

大きさ:頭胴長約80cm

 

 キノドン亜目の中では最後まで生き残っていたトリチロドン類のなかまのひとつ。また、キノドン類の多くは肉食〜昆虫食だが、その中では数少ない植物食のなかまである。植物食の哺乳類と同じように、上下の臼歯が幅広く大きくなって「すりつぶし」の機能を獲得している。だだし、この特徴は真の哺乳類とは独立に進化したもので、「収斂進化」の例と考えられる。

 
(標本:国立科学博物館 科博)