Designed by:

 トリナクソドン

  (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Thrinaxodon sp.

分類:獣弓目、キノドン亜目

時代:三畳紀前期

分布:アフリカ

大きさ:頭胴長約30cm

 

 哺乳類の直接の祖先を含むキノドン亜目の中では、中程度に進化したなかま。半直立の姿勢や、頭骨の形、異歯性(顎に生えている位置によって歯の形が異なること)などは哺乳類的であるが、背骨と肋骨の形は哺乳類的ではない。ただし、肋骨の発達する胸部と肋骨のない腹部の区分がはっきりしていることから、哺乳類と同様に横隔膜をもっていたことや、かかとが発達していたことから効率のいい歩き方をしたことなどが想像される。

 

(標本:国立科学博物館 科博)