Designed by:

 ジェホロデンス

  (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名: Jeholodens jenkinsi

分類:三錐歯目、科不明

時代:白亜紀前期

分布:アジア(中国)

大きさ:頭胴長7〜8cm

 

 中生代哺乳類のグループのひとつである三錐歯類の一種。これまでに見つかっている三錐歯類のうちでは、もっとも保存のよい全身骨格の標本として重要である。骨盤と後肢には原始的な特徴を残しているが、肩帯と前肢にはもっと進化した哺乳類と同じぐらいに進歩的な特徴がみられるなど、進化がモザイク的に起っていることを示す証拠として重要な化石。地上にすんでいたと考えられる。

 

 

(標本:国立科学博物館 科博)