Designed by:

 スティリノドン

  (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Stylinodon sp.

分類:紐歯目、スティリノドン科

時代:始新世前期〜中期

分布:北アメリカ

大きさ:頭胴長約1.3m

 

 紐歯類としては最後の種類で、短かく幅広の頭骨と頑丈な下あごをもち、四肢は短かく、外見上はブタのような動物だったと思われる。前足には大きなカギ爪があり、それを使って地面を掘り、木の根や塊茎などをおもに食べていたと考えられる。その頑丈な下顎から、ときには動物の死骸を食べた可能性もあると思われる。

 

(標本:国立科学博物館 科博)