Designed by:

 コピドドン

   (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Kopidodon macrognathus

分類:パントレステス目、パロキシクラエヌス科

時代:始新世中期

分布:ヨーロッパ

大きさ:頭胴長約60cm

 

 パントレステス類は真の食虫類ではないが、食虫性〜雑食性の多様な原始的な哺乳類を含むグループである。コピドドンはその分類上の位置がはっきりしなかったが、最近はパントレステス目に含められている。コピドドンの前肢はたいへん動きやすい形になっており、前足、後足とも長い指に大きなカギ爪をもち、長い尾は全長のおよそ半分にも達し、さらに他のなかまとは異って、植物食を示す歯を持つことなどから、樹上性の生活をし、軟らかい木の実や葉を食べていたと考えられている。

 

(標本:国立科学博物館 科博)