Designed by:

 インドリコテリウム

    (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Indricotherium transouralicum

分類:奇蹄目、サイ上科、ヒラコドン科

時代:漸新世後期

分布:アジア

大きさ:肩高約4.5m

 

 サイ類に近縁なヒラコドン類の一種で、史上最大の陸生哺乳類。ツノはない。大きな体にもかかわらず。長くすらりとした四肢を持つことから、かなり速く走れたかもしれない。特殊化した切歯で小枝や葉をむしり取って食べたと思われる。この骨格の原標本はカザフスタンでみつかったもので、肩の高さ約4.5m、体長約7.5m。インドリコテリウムの体重は、最大でも15〜20ト ン、最小では6〜7ト ンと推定されている。したがって、最大のゾウ類に比べてそれほど大きいというわけではないようである。

 

 

(標本:国立科学博物館 科博)