Designed by:

 シンテトケラス

    (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Synthetoceras tricornatus

分類:偶蹄目、核脚亜目、プロトケラス科

時代:中新世後期

分布:北アメリカ

大きさ:頭胴長約2m

 

 シンテトケラスを含むプロトケラス科は、ラクダ類にもっとも近縁な絶滅したグループで、北アメリカだけに生息した、初期のなかまにはツノは存在しなかったが、後期のなかまにはいろいろな形のツノを持つものが現れた。シンテトケラスは、この科の中ではもっとも後期に出現した、もっとも大型の種類。吻部のツノは先端で二分岐してY字型になっている。このツノはオスだけにあったらしい。

 

(標本:国立科学博物館 科博)