Designed by:

 カメロプス

    (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Camelops sp.

分類:偶蹄目、核脚亜目、ラクダ科

時代:鮮新世後期〜更新世後期

分布:北アメリカ

大きさ:肩高約2m

 

 ラクダ類のうち、南アメリカに現在も生息するリャマの系統(リャマ族)に属する種類だが、ずっと大型。リャマ族は中新世前期(約2000万年前)に出現したが、カメロプスは約300万年前に出現したかなり後期の種類で。北アメリカのラクダ類としては最後の種類のひとつ。約1万年前に南北アメリカで起こった大型哺乳類の大量絶滅のときに絶滅した。その結果、ラクダ類は北アメリカから完全に絶滅した。

 

(標本:国立科学博物館 科博)