Designed by:

 エピガウルス

    (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Epigaulus hatcheri

分類:齧歯目、原齧歯型下目、ミラガウルス科

時代:中新世

分布:北アメリカ

大きさ:頭胴長約30cm

 

 エピガウルスを含むミラガウルス科は原始的な齧歯類で、かつ非常に特殊化したグループである。吻の上に一対のツノ、大きな前足、複雑なエナメル質の模様を作る大きな歯などである。エピガウルスは、前肢は短めで、頑丈な骨と強力な筋肉をもっており、大きな手とともに、地面に穴を掘ることに適応している。一対のツノの役割はわかっていない。ただし、どの個体にもツノがあるわけではないので、おそらくオスだけに存在したと思われる。

 

(標本:国立科学博物館 科博)