Designed by:

 トクソドン

    (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Toxodon platensis

分類:南蹄目、トクソドン亜目、トクソドン科

時代:鮮新世後期〜更新世末

分布:南アメリカ

大きさ:頭胴長約3m

 

 南蹄目の亜目の一つがトクソドン亜目で、多様な形態の大型獣を含むが、いずれも植物食性である。トクソドン類は、「弓形の歯」を意味するその名前のように、臼歯列が弓なりにカーブすることが特徴のひとつである。トクソドンは南蹄類のうちでは最大のなかまで、足の短いサイのような動物だったと思われる。ほかの南蹄類が次第に衰退していくなかで最後まで生き残り、一部はパナマ陸橋を通って中央アメリカへも進出した。

 

(標本:国立科学博物館 科博)