Designed by:

 パノクトゥス

    (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Panochthus tuberculata

分類:異節目、被甲亜目、グリプトドン科

時代:更新世

分布:南アメリカ

大きさ:全長3〜3.5m

 

 パノクトゥスのほかナマケモノやアリクイなどを含む異節目は、南アメリカ独特のグループで、胎盤を持つ哺乳類の中ではかなり原始的である。骨質の「よろい」をもつグループと持たないグループに大きく二分される。パノクトゥスはよろいを持つ大型のグループであるグリプトドン類の一種で、非常に深く頑丈な下顎と長くのびたほほ骨(頬骨突起)には強力な筋肉が付着し、臼歯は漢字の「王」の字に似た断面を持つ柱状で、一生のび続ける。これらはいずれも草を含む多様な植物を大量に食べるための適応である。水生植物を好んだらしい。骨盤は非常に大きく、癒合した仙椎に2個所で関節している。

 

 

(標本:国立科学博物館 科博)