Designed by:

 プロプラオプス

    (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Propraopus grandis

分類:異節目、被甲亜目、アルマジロ科

時代:更新世

分布:南アメリカ

大きさ:頭胴長約1.5m

 

 「よろい」を持つ異節類のもう一つのグループがアルマジロ類で、異節類としてはもっとも初期のなかまである。グリプトドン類がすべて絶滅したのに対して、アルマジロ類は今でも比較的よく繁栄している。このうちプロプラオプスは、アルマジロ類としては最大級で、背甲だけで長さ約1m、体重は約50kgと推定されている。アリや白アリをえさとしたと思われる。

 

(標本:国立科学博物館 科博)