Designed by:

 コロンビアマンモス

    (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Mammuthus columbi

分類:長鼻目、ゾウ科

時代:更新世中期

分布:北アメリカ

大きさ:肩高3.5〜4m

 

 マンモスを含むゾウ科はゾウ類としてはもっとも進化したグループで、現在のアフリカゾウとインドゾウも含む。そのうちマンモス属は鮮新世前期にアフリカに出現したあと、鮮新世後期にユーラシアに進出し、更新世前期には北アメリカに達した。その後、北アメリカの中で進化したのがコロンビアマンモスである。大型で、北アメリカでは最大のゾウ類。牙は長く、横に広がりつつ大きくカーブする。インペリアルマンモスという名前は同物異名である。

 

(標本:国立科学博物館 科博)