Designed by:

 ティラコスミルス

    (原文:国立科学博物館 科博)

 

 

学名:Thylacosmilus atrox

分類:有袋目、米州袋亜目、ティラコスミルス科

時代:鮮新世

分布:南アメリカ

大きさ:頭胴長約1m

 

 有袋類の「剣歯虎」ともいわれ、北半球の大陸で多様化した真の剣歯虎、とくにスミロドンによく似ており、収斂進化(異った系統で、同じような形態が進化すること)の例として有名。ティラコスミルスの犬歯は、頭骨との相対的な大きさで、真の剣歯虎類のどの種類よりも大きくて長いといわれている。しかも、歯根がなく一生のびつづける歯である点は、驚くべき特殊化である。この長い犬歯を保護するように、下あごに長い突出部がある。

 

(標本:国立科学博物館 科博)