Designed by:

 ペゾシレン・ポーテリ

    (原文:国立科学博物館 科博) 

 

 

学名:Pezosiren portelli Domning, 2001

標本番号:NSM-PV 20726ほか(原標本はUSNM 511925ほか)

系統分類:〔〔〔海牛類〕テチス獣類〕哺乳類〕

産出地点:ジャマイカ・セントジェームズ教区モンティゴベイ市セブンリバーズ

産出層準:チャペルトン累層ガイズヒル部層(約4900万年前)

分布:ジャマイカ周辺の浅海

生息年代:始新世前期〜中期(約5000万年〜4900万年前)

 

 ペゾ=脚あるいは歩く、シレン=海牛、ポーテリ=ポーテル氏(最初の標本を発見したRoger Portell氏に因む)の意味。河口や潟(ラグーン)で活発に岸辺を移動しながら海草を食べていたと推定されている。展示標本は、複数の個体から復元されている。全長はおよそ1.6 m。 

 

(標本:国立科学博物館 科博)