Designed by:

 チャンプソサウルス・ネタトル

   (原文:国立科学博物館 科博) 

 

 

学名:Champsoaurus natator Parks, 1933

標本番号:NSM-PV 20733(原標本は福井県立恐竜博物館)

系統分類:〔〔〔コリストデラ類〕主竜類〕爬虫類〕

産出地点:アメリカ・サウスダコタ州ハーディング郡

産出層準:ヘルクリーク累層(約6600万年前)

分布:北アメリカの淡水

生息年代:白亜紀後期〜暁新世(約9000万年〜5600万年前)

 

 コリストデラ類は、主竜類(ワニ、翼竜、恐竜、鳥類などを含む系統)に属し、三畳紀後期に最初の種が出現し、新生代の漸新世に絶滅した。このグループの代表的な種であるチャンプソサウルス属は、白亜紀・第三紀の境界(K/T境界)をまたがって存続した数少ない動物のひとつ。ワニとは遠縁。

 

文献:Gao and Fox (1998) Zool. Jour. Linnean Soc. 124: 303-353

 

(標本:国立科学博物館 科博)