Designed by:

 パラヘスペロルニス・アレクシ

    (原文:国立科学博物館 科博) 

 

  

学名:Parahesperornis alexi Martin, 1984

標本番号:NSM PV 20752(原標本はウィスコンシン大学マジソン校博物館)

系統分類:〔〔〔ヘスペロルニス類〕鳥類〕爬虫類〕

産出地点:アメリカ・カンザス州ローガン郡

産出層準:ナイアブララ累層(約8500万年前)

分布:北アメリカの海

生息年代:白亜紀後期(約8500万年前)

 

 前肢が著しく退化していることから、飛ぶことはなく、足推進だったと考えられる。ヘスペロルニス類全体では、白亜紀前期のイギリスから最古の種が出ており、完全に海生に適応した鳥類としては最古。その後、主に北アメリカで繁栄したが、北海道やモンゴルからも報告がある。白亜紀末に絶滅した。推定全長1.1メートル。

 

文献:Chiappe and Dyke (2002) Ann. Rev.Ecol. Sys. 33: 91-124

 

 (標本:国立科学博物館 科博)