Designed by:

ディアカリメネ(三葉虫)

  (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

節足動物 Diacalymene clavicula (Campbell)

古生代 シルル紀 アメリカ

 

 ディアカリメネの名は、 Kegelによって1927年に名付けられ、プティコパリアの仲間です。三葉虫は古生代を代表する示準化石(地層の時代を決定するために有効な化石)として広く利用されています。

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)