Designed by:

ファボシテス(ハチノスサンゴ)

         (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

腔腸動物 Favosites sp.

古生代 デボン紀 岐阜県

 

 ペルム紀末に絶滅した床板サンゴの化石です。サンゴの表面模様がハチの巣に似ていることから、ハチノスサンゴと呼ばれています。オルドビス紀に出現し、シルル紀、デボン紀に造礁生物として栄えペルム紀に絶滅しました。

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)