Designed by:

 ヤベオオツノジカ(全身骨格)レプリカ

      (原文:北九州市立自然史・歴史博物館) 

 

 

哺乳類 偶蹄目 Sinomegaceroides yabei (Shikama)

新生代 第四紀 更新世 -

 

 オオツノジカは、大きく広がった角を持ち、現在のニホンジカよりも大きな体をしていました。この標本は、日本で発見された多くの標本を元にして作製されたものです。角の部分は群馬県産の標本を、肩甲骨は平尾台産の標本を元にしています。

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)