Designed by:

 ゴンフォテリウム(ゾウの祖先)(頭骨)レプリカ

         (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

哺乳類 長鼻目 Gomphotherium annectens (Matsumoto)

新生代 第三紀 中新世 岐阜県御嵩町 番上洞

 

 中新世の初めにアフリカからユーラシア大陸に侵入したゾウの祖先は、短い時間の間にユーラシア大陸全体に分布を広げました。東の端にあたる日本でもその化石が発見されたことがあります。この標本は岐阜県で発見された頭骨のレプリカで、下顎に短い牙があったことが分かります。なお、上顎にも短い牙がありました。

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)