Designed by:

  アウストラロピテクス類(下顎)レプリカ

    (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

 

哺乳類 霊長目 Australopithecus sp.

新生代 第四紀 更新世(約200万年前) ケニア コビフォーラ

 

 アウストラロピテクス類では、脳の容積が少ない一方、顎の「咬む力」が強かったようです。このため、下顎は大変にがんじょうにできています。この標本は今から約200万年前のアウストラロピテクスの下顎(レプリカ)です。 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)