Designed by:

 ハナビラダカラ

          (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

 

タカラガイ科 Cypraea (Erosaria) annulus Linnaeus

現生 -

 

 背面のリング状の橙色紋の美しいタカラガイです。古代中国では貝貨として利用されていました。房総半島以南の西太平洋、インド洋の潮間帯、岩礁、サンゴ礁にすんでいます。

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)