Designed by:

ホホジロサメの進化

       (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

ネズミザメ科 

新生代 世界各地

  

 ホホジロザメの起源については次の2つの説があります。新生代初期に現れたオトードゥスにはじまり、やがて歯にギザギザのあるカルカロドン・オーリキュラータスやアングスティデンスが現れ、さらに両脇の小さな歯を失ったメガロドンをへて現在のホホジロザメが現れたとする説とアオザメの仲間のイスルス・ハスタリスから歯にギザギザを持つものが現れ、現在のホホジロザメに進化したとする説です。 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)