Designed by:

カルカロドン・メガロドン(歯)

       (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

ネズミザメ科 Carcharodon megalodon (Agassiz)

新生代 第三紀 中新世 世界各地

 

 サメの化石の中で最も有名で、大きな歯から最大で全長13メートルに達したと考えられています。歯には細かいギザギザがあり、主に鯨類を食べていたと考えられています。現生ホホジロザメの祖先と考えられており、世界各地の浅い海の地層から化石が発見されています。

 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)