Designed by:

 ノコギリザメ

 (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

ノコギリザメ目 Pristiophorus japonicus Jordan and Fowler

現生 -

 

 鋸のような吻を持つことからこの名で呼ばれています。吻の両側の突起は鱗が変化したものです。鋸状の吻の中央付近に一対の長いひげがあり、これで海底のえさを探し、鋸状の吻でえさを掘り起こすといわれています。

 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)