Designed by:

 カラチョウザメ 

(原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

 

チョウザメ目 Acipenser sinensis Gray

現生 北九州市若松区

 

 体に蝶のような形の鱗があることからチョウザメとよばれています。チョウザメはサメの仲間(軟骨魚類)ではなく、コイやスズキなどと同じ条鰭類の仲間です。条鰭類の中では最も原始的なグループです。本種は海にすんでいますが、産卵期には川をさかのぼります。 

 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)