Designed by:

 コバンザメ

   (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

 

スズキ亜目 Echeneis naucrates Linnaeus

現生 北九州市若松区

 

 サメと名はついていますが、サメの仲間ではありません。第一背鰭が変化した小判状の吸盤があることから小判鮫と呼ばれています。サメやマンボウなど大型の魚やクジラ類、ウミガメなどに吸着して運ばれます。

 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)