Designed by:

 アンコウ

    (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

アンコウ目 Lophiomus setigerus (Vahl)

現生 茨城県平潟

 

 熱帯から温帯の水深100メートルから400メートルの海に生息しています。釣り竿のような背鰭第1棘を動かして獲物を誘い大きな口で丸飲みにします。魚だけでなく水面に出て水鳥をも食べることがあります。

 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)