Designed by:

 ステゴサウルス(全身骨格)レプリカ

   (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

爬虫類(恐竜) Stegosaurus stenops Marsh

中生代 ジュラ紀後期 アメリカ

  

 大変有名な恐竜の一つです。背中の板は表面だけでなく内部にたくさんの血管が通っていることが最近の研究でわかってきました。この板状骨の役割は、体温の調節、敵の攻撃から脊椎を守るため、体を大きく見せるため、異性を引きつけるため、などのいろいろな説が出されていますが、体温調節というのが有力です。尾の棘の方向は最近の研究で上に向かず水平につき出ていることが分かりました。

(2012/2/19更新:大橋(北九州市立自然史・歴史博物館)

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)

(原文)

 

爬虫類(恐竜) Stegosaurus stenops Marsh

中生代 ジュラ紀 アメリカ

  

 大変有名な恐竜の一つです。背中の板の役割は、体温の調節、敵の攻撃から脊椎を守るため、体を大きく見せるため、異性を引きつけるため、などのいろいろな説が出されています。尾の棘の方向は最近の研究で上に向かず水平につき出ていることが分かりました。