Designed by:

 ハヌマンラングール

          (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

オナガザル科 Semnopithecus entellus (Dufresne)

現生 アジア(原産)

 

 インド亜大陸とスリランカに分布するサルで、信仰上の理由で保護されてきたため、都市部にまで生息しています。日本の研究者により、世界で初めてオスの繁殖戦略としての子殺しが発見されたことでも有名です。

 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)