Designed by:

オスジロアゲハ (メス)

       (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

アゲハチョウ科 Papilio dardanus Brown

現生 マダガスカル ix. 1970

 

 オスジロアゲハには、雌にいくつかの型があらわれる多型現象が顕著なこと、この雌の多型にそれぞれマダラチョウのモデルがある、いわゆる「擬態」現象が重なっている、という2つの特徴があります。マダラチョウは鳥等の捕食者にとって「味が悪い」ので、それに似ること、さらにモデルを多くすることで捕食のリスクを回避するためです。

  

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)