Designed by:

 コノハチョウ(表) (オス)

        (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

タテハチョウ科 Kallima inachus siamensis Fruhstorfer

現生 タイ/ヴィアンパパオ 1990

 

 コノハチョウの裏面も「隠蔽型擬態」(mimesis)の代表で、地面の枯れ葉の中にとまったりすると見分けがつきません。裏面の枯れ葉模様はいくつかのパターンに分けられ、中にはカビが生えたような斑紋、虫食い跡のような斑紋もあるので驚かされます。

 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)