Designed by:

 フォボスクス(ワニ類)(頭骨)レプリカ 

         (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

爬虫類(ワニ類) Deinosuchus sp.

中生代 白亜紀後期 アメリカ テキサス州 ビッグ・ベンド

 

 白亜紀は恐竜類ばかりではなくワニ類も栄えた時代です。中にはこのデイノスクス(かつてフォボスクスと呼ばれていました)のように、現在のワニ類よりも巨大なものも生息していました。恐竜も餌にしていたと考えられています。白亜紀末の「大絶滅」の時代に、恐竜類がすべて死に絶えたのに、ワニ類が生き残った理由は謎です。

(2012/2/19更新:大橋(北九州市立自然史・歴史博物館)

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)

(原文)

爬虫類 Phobosuchus sp.

中生代 白亜紀後期 アメリカ テキサス州 ビッグ・ベンド

 

 

 白亜紀は恐竜類ばかりではなくワニ類も栄えた時代です。中にはこのフォボスクスのように巨大なワニ類も生息していました。白亜紀末の「大絶滅」の時代に、恐竜類がすべて死に絶えたのに、ワニ類が生き残った理由は謎です。