Designed by:

 コリトサウルス(下顎骨)

   (原文:北九州市立自然史・歴史博物館) 

 

  

爬虫類(恐竜) Corythosaurus casuarius Brown

中生代 白亜紀後期 アメリカ モンタナ州

  

 この標本は、コリトサウルス類の左下顎の部分の骨です。外側から観察でき、右側の上に伸びた突起に顎を閉じるための筋肉が付いていました。

(2012/2/20更新:大橋(北九州市立自然史・歴史博物館) 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)

(原文)

コリトサウルスの骨格はアースモールのステゴサウルスの前に展示してあります。この標本は、コリトサウルスの下顎の部分の骨です。