Designed by:

 ヒマラヤムカシトンボ (オス)

          (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)


 

ムカシトンボ科 Epiophlebia laidlawi Tillyards

現生 ネパール 20. vi. 1993

 

 本種ははじめ幼虫しか標本がありませんでした。ティリヤードはこの幼虫を見て、ムカシトンボの新種と判断し記載を行ないました。成虫が採集されたのはそれから42年後、日本のヒマラヤ蝶蛾調査隊が初めてだったのです。経験を積んだ優れた分類学者の予見性を物語るエピソードのひとつとして語り継がれています。 

 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)