Designed by:

原トンボ目の一種

      (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

Arctotypus sinuatus Martynov

古生代 ペルム紀 ロシア アルハンゲルスク

 

 メガニューラ科に含まれるトンボで、現在のトンボに比べると翅の結節や縁紋が無く、翅脈もずいぶんかわっています。メガニューラ科は石炭紀のころは開張70cmもの大形の種類がいましたが、ペルム紀のころは小型化し、本種のようにヤンマ類を少し大きくしたぐらいのものが多かったようです。

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)