Designed by:

自然金(砂金)

 

 

英  名:Gold

分  類:元素鉱物

化学組成:Au

結晶構造:立方晶系

 

堆積物に含まれる自然金の粒(砂鉱)を砂金と呼びます。砂金の大きさは砂粒程度から数十キログラムにおよぶものまでさまざまです。小石より大きいものは塊金(ナゲット)と呼ばれることがあります。

 

展示標本は、アメリカ・アラスカ州から採集された砂金です。粒が比較的大きく、塊金と呼ばれるものです。アラスカ州では、19世紀末に発見された砂金や塊金が引き金になってゴールドラッシュが起きました。

 

 

(標本:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

(2012.2.24更新:北九州市立自然史・歴史博物館 森)

 

 

 

 

       (原文:北九州市立自然史・歴史博物館)

 

 

元素鉱物 native gold - アメリカ アラスカ州

 

 北九州でも、江戸時代に小倉南区木下地区で砂金が開発され、呼野金と呼ばれました。